◆日本ハム―オリックス(8日・札幌ドーム)

 オリックスの山本由伸投手(21)が左脇腹痛から約1か月ぶりの復帰登板で6回3安打1失点(自責0)の好投を見せた。直球の最速は153キロを計測。6三振を奪うなど、さすがの投球だった。

 8月11日に出場選手登録を抹消され、離脱していた影響で“隠れ1位”となっている防御率は1・75に良化。これで、今季の投球回数は123回2/3となり、規定投球回まであと19回1/3となった。