「広島-阪神」(8日、マツダスタジアム)

 広島が2-0の五回に松山竜平外野手の適時打でリードを3点に広げた。

 先頭・菊池涼の左前打をきっかけに2死二塁。2番手・ドリスからファウルで4球粘った後の8球目、155キロ速球を右前へ運んだ。

 「どんなボールでも当てる気持ちでいきました。良い反応でさばくことができました」。2・5ゲーム差に詰め寄られている4位・阪神との直接対決で貴重な追加点となった。