「ソフトバンク-ロッテ」(8日、ヤフオクドーム)

 パ・リーグ首位のソフトバンクが4番デスパイネの適時打で先制した。初回1死一、二塁でロッテ種市の直球を強烈に流し打った。打球は一塁手鈴木のミットを弾いて右前に弾んだ。

 また、陰の殊勲者は本塁に生還した1番牧原だ。ロッテ種市の初球直球をいとも簡単に左前へ弾き返した。これで6試合連続となる初回先頭安打でしっかりチャンスメイクした。

 ソフトバンクがこの日のロッテ戦に勝つか引き分け、かつ2位の西武が楽天に敗れれば、優勝マジック13が点灯する。