「広島-阪神」(8日、マツダスタジアム)

 広島・長野久義外野手が「4番・左翼」でスタメン出場し、先制の2点適時打をマークした。

 三回2死満塁。カウント2-2から岩貞の6球目変化球をはじき返すと打球は三遊間を破り、2者が生還した。

 「打ったのはチェンジアップかな。2アウトからみんながつないでチャンスを作ってくれたので、ランナーをかえすことができて良かったです」。これで5試合連続安打とし、タイムリーは2試合連続となった。

 三回の左翼守備ではスライディングキャッチ。攻守でファンを沸かせた。