◆ソフトバンク―ロッテ(8日・ヤフオクドーム)

 ロッテのブランドン・レアード内野手(31)が1か月ぶりの一発を放った。

 0―1の2回2死一塁で左中間スタンドに放り込む32号2ラン。8月7日のソフトバンク戦(ZOZO)以来28試合ぶりのアーチに「打ったのはカットボール。ホントニ、ヒサシブリネ。長い期間打つことができていなかったので、ホームランを打つ感覚も、すしの握り方も忘れてしまいそうだったよ。この場面で打つことができて良かったよ」と声を弾ませた。