「広島-阪神」(8日、マツダスタジアム)

 広島・長野久義外野手が美技で観客を沸かせた。

 0-0の三回、先頭の1番木浪が放った左翼線への難しい打球をスライディングキャッチだ。スライス回転しながら切れていく打球に対し、倒れ込みながら、地面すれすれで好捕した。マウンドのジョンソンも帽子を取って感謝の思いを示した。

 この日は「4番・左翼」で先発出場。初回1打席目は遊ゴロに倒れたが守備で魅せた。