野球評論家の張本勲氏(79)が8日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に生出演。6日のロッテ戦でプロ野球史上80人目(通算91度目)のノーヒットノーランを成し遂げたソフトバンクの千賀滉大に「あっぱれ。いつかやると思いました。今、日本一のピッチャーじゃないの」と絶賛した。

 千賀はロッテ打線に4四死球を与えたが、毎回の12奪三振で達成。12勝目を挙げた。無安打無得点は昨年7月27日の中日戦(東京D)の山口俊(巨人)以来で、令和および育成出身選手では初めての快挙となった。

 さらに張本氏は、千賀のフォークボールを絶賛した上で「育成でしょ。練習から這い上がったから、やっぱりスポーツ選手は倒れるぐらいまで練習しないと。故障する前ぐらいまで投げないとこんないいピッチャーになれないんです」と指摘した。「素質があって、大事にされ、楽にして、素質通りに伸びて大成して、何千万、何億の選手になれると思いますか?なれませんよ」と持論を展開した。

 さらに相撲の「3年先の稽古」という教えを引き合いに出し「相撲取りは3年後に強くなるために稽古するんです。今稽古しなきゃ」と訴えていた。