阪神がヤンハービス・ソラーテ内野手(32)を解雇する方針を固めたことが7日、分かった。ソラーテは1軍昇格予定だった6日・広島戦(マツダ)の前に、モチベーションの低下を訴えて帰阪。谷本修球団本部長(54)はチームの和を乱す行為を問題視し、すでに代理人と連絡を取っていることを明かした。近日中にも発表される見通しだ。

 前代未聞の“職場放棄”を看過できなかった。騒動から一夜明け。球団の編成部門トップである谷本球団本部長は、ソラーテに対して毅然(きぜん)とした対応を取っていることを明かした。

 今後の契約解除の可能性を問われると「方向性としてはそうです」と明言。すでに代理人と連絡を取っており「程なく結論は出ると思います」と話した。

 ソラーテは1軍昇格予定だった6日、横浜から広島へ移動したチームに合流した。ユニホームを着てマツダスタジアムへ。しかし練習前、矢野監督に「モチベーションが上がらない」と訴えた。出場選手登録を見送られ、緊急帰阪させられた。

 タイミングも悪かった。逆転CS進出を目指すチームの、3位・広島との直接対決の試合開始直前。盛り上がっていた雰囲気に水を差す行為だった。

 「(6日の言動は)重いでしょう。こんなん許したらもう、チームが成り立たない。阪神のユニホーム(を着ること)はないんじゃないですか」。谷本球団本部長はあきれたような表情で、助っ人の言動に苦言を呈した。

 ソラーテは7月に入団。メジャー通算75本塁打の長打力で起爆剤として期待された。来日初出場初先発となった同26日・巨人戦では、来日初安打を決勝2ランで飾る劇的なデビューを果たした。しかし、守備の不安や不振もあって、8月19日に2軍降格。以降は1軍昇格を果たせていなかった。

 この日は球団から自宅待機を命じられ、残留組の練習が行われていた鳴尾浜にも姿を見せなかった。“セクシータイム”という愛称通りの輝きも一瞬。わずか1カ月半、20試合の出場でチームを去ることになった。