◆ソフトバンク0―4ロッテ(7日・福岡ヤフオクドーム)

 ソフトバンクがロッテ・西野の前に、4安打完封負け。デーゲームで2位・西武が負け、引き分け以上ならマジック14が点灯していたが、足並みをそろえ黒星を喫した。「西野くんが良かったというところ」と工藤監督も脱帽するしかなかった。

 初回無死一、二塁でクリーンアップがそろって凡退。4回2死一、三塁では重盗を仕掛けたが、三塁走者のグラシアルが本塁でタッチアウト。5回以降は走者を出すこともできなかった。

 8月23日のロッテ戦(ZOZO)以来、今季9度目の完封負けで、連勝は5でストップ。「低めにボールを集められて、緩急を使われた。(攻撃面での)手がなかった」と指揮官。切り替えて、再び前に進むしかない。