「ヤクルト6-10巨人」(7日、神宮球場)

 連敗を6で止めた巨人・原辰徳監督が、キャプテンの坂本勇人内野手を絶賛した。

 坂本勇が一回に先制の適時二塁打を放った直後。丸の打席で初球にヤクルト先発・ブキャナンが暴投。捕手の松本直がボールを見失った。ボールが三塁ベンチ前を転々とする間に二走の坂本勇が一気に三塁を回り、ヘッドスライディングで本塁を陥れた。

 このプレーを指揮官は「チームにいい意味で喝を入れた」と称賛した。そして主将の姿について「いつも頼もしく映ってますよ」と目を細めた。

 3安打2打点の坂本勇の奮闘もあり、打線が8試合ぶりに2桁得点をマークして奮起。負の連鎖も止めた。それでも原監督に慢心は全くない。「あしたがまた大事ですよ」と表情を引き締めた。5年ぶりのリーグ制覇へ、チーム一丸で突っ走るだけだ。