◆ヤクルト6―10巨人(7日・神宮)

 巨人の重信慎之介外野手(26)が、代打で貴重な仕事を果たした。

 3点リードの7回2死満塁から代打で打席に立つと、ヤクルト・平井の初球を捉え、左翼手の頭上を越える走者一掃の適時二塁打を放った。貴重な一打に「思い切りいけと監督に言われていたので思い切っていきました。あそこで3点入ってよかったです」と振り返った。