◆ソフトバンク―ロッテ(7日・ヤフオクドーム)

 ロッテのレオネス・マーティン外野手(31)が汚名返上のアーチを描いた。

 2―0の6回無死一塁で椎野の初球を強振。右翼テラス席に飛び込む4試合ぶりの11号2ランとなった。「打ったのはフォークボール。アグレッシブに行くことを心掛けて打席に入った。浮いたボールをしっかり、強くスイングすることができた」と振り返った。

 前日6日の試合では自身の落球エラーをきっかけに2失点。打線も千賀に沈黙しノーヒットノーランを食らった。試合後は肩を落として無言でバスに乗り込んでいた助っ人が仕事を果たした。