◆ヤクルト―巨人(7日・神宮)

 巨人の重信慎之介外野手(26)が、リードを3点差に広げた7回2死満塁で、小林の代打で登場。平井の初球、145キロ直球を振り抜いた打球は、前進していた左翼・バレンティンの頭上を越える3点適時二塁打となり、点差を6とした。

 二塁上で両手を上げ、ガッツポーズ。走塁のスペシャリストが、この日はバットで存在感を示した。