◆ソフトバンク―ロッテ(7日・ヤフオクドーム)

 ロッテ・中村奨吾内野手(27)が9試合ぶりの打点をマークした。

 両軍無得点の5回1死一、二塁の好機で早大の先輩・和田の100球目のチェンジアップを左前に運んだ。

 3日の日本ハム戦(ZOZO)の初回に井上が放って以来、チーム30イニングぶりの適時打に「この打席は何とかしたいと思っていたので1本打てて良かったです。今日は勝てるように次の打席も頑張ります」と言葉に力を込めた。