「ソフトバンク-ロッテ」(7日、ヤフオクドーム)

 前日6日にソフトバンク千賀にノーヒットノーランを食らったロッテが雪辱に向けて、待望の先制点を奪った。

 五回、先頭の藤岡の中前打と死球で1死一、二塁として、中村奨がソフトバンクの先発・和田から左前に適時打を運び、先制の走者が滑り込んだ。和田はここでマウンドを降りた。なお二、三塁では井上が椎野から中堅フェンスギリギリの犠飛を放ち2点目を奪った。

 屈辱から一夜明けての一戦。初回は和田に三者凡退に仕留められたが、二回2死から6番・角中が左前へチーム初安打。沈黙を破っていた。