「広島3-7阪神」(7日、マツダスタジアム)

 阪神が広島に快勝。負ければ自力CSの可能性が消滅する正念場で意地を見せ、ゲーム差を再び2・5差とした。

 矢野監督は一回、ファウルで粘った末に中前打で出塁した1番・木浪について「いきなり先頭打者でああいうふうに粘られて、結果的にヒットで出るのはバッテリーにとってすごく嫌なこと。本当に内容のある打撃だった」と、評価。二回は適時打、三回は四球を選び、「その後もいい打撃ができていた。このままいってくれたらと思います」と、若虎の活躍を喜んだ。