<卓球:Tリーグ>◇7日◇甲府市総合市民会館ほか

女子の日本生命が3-2で神奈川を下し、開幕戦のリベンジを果たした。

早田ひな(19)が1ゲーム制の延長戦で石川佳純(26)を退けた。開幕戦でも延長戦で対戦し、敗れていた。

早田は第4試合、ゲームカウント2-1の場面でスコア9-3とリードしていた。そこから神奈川・浜本にまさかの逆転負け。「言われたことしかできず、自分でプレーを決断することができていなかった」と悔やんだ。

一方、石川は延長戦に向け、控室でウオームアップをしていた。それが裏目に。「第4ゲームを見ておけば良かった。上回転サーブがうまく取れなくて」と悔やんだ。延長戦では早田が繰り出すサーブに苦しめられ、レシーブミスを連発。その早田のサーブは第4戦の浜本戦でも繰り出していたためだった。

早田は「延長戦前、ベンチが『切り替えて頑張ろう』と言ってくれた。最後は自分を信じて戦えた」と笑った。日本女子の第一人者である石川を破った瞬間、膝から崩れ落ち、涙した。【三須一紀】