「広島-阪神」(7日、マツダスタジアム)

 広島・長野久義外野手が「5番・左翼」でスタメン出場し、1-7の四回に適時打をマークした。

 先頭・鈴木が右前打を放ち、その後1死二塁。西の2球目を左前へ運び、スタンドの鯉党から歓声を浴びた。「打ったのはツーシーム。誠也(鈴木)をかえすことができて良かったです。誠也ナイスラン」と振り返った。