「広島-阪神」(7日、マツダスタジアム)

 阪神・矢野燿大監督が、糸原健斗内野手からのリプレー検証リクエストでリクエストをしたが、失敗に終わった。

 六回、1死から糸原は内野安打で出塁。次打者・高山の打席で二盗を試みた。会沢からの送球を受けた遊撃・小園はスライディングする糸原にタッチ。アウトの判定が下されたが、糸原は即座に三塁側ベンチに向かって、両手を使ってリプレー検証を要求するジェスチャー。矢野監督は糸原からの猛アピールを受けて、審判にリクエストを出した。

 ビデオ判定の結果、判定通り「アウト」が宣告されると、指揮官は憮然とした表情だった。