「広島-阪神」(7日、マツダスタジアム)

 3位・広島との直接対決、第2ラウンド。この日先手を奪ったのは阪神だった。福留孝介外野手が放つ先制パンチ。幸先良く、先発・西を援護した。

 悔しい敗戦から一夜明け、迎えた初回だった。まずは先頭の木浪が粘って、粘って、リードオフマンとしての働きを全うする。広島先発・薮田の立ち上がり。5球続けてファウルで粘るなど、徐々にボールを見極めると、最後は14球目だった。中前へとはじき返し、出塁に成功した。

 その後1死を挟み、3番・福留に打席が回る。その2球目だった。真ん中に甘く入った直球を強振。打球は右翼フェンスを直撃し、一走・木浪も全速力で三塁を蹴った。ベテランの適時二塁打で、幸先良く先制に成功。「木浪がいい形で塁に出たので、チャンスを広げようと思っていました」と後輩の名前を出し、「初回から先制できてよかった」とコメントした。

 今日の一戦に敗れれば、自力CSの可能性が消滅する正念場だ。若手とベテランが共に戦い、望みをつなげたい。