◆第72回秋季関東地区高校野球山梨大会 第1日 ▽1回戦 甲府工11―1甲陵・北杜=6回コールド(7日、山日YBS球場)

 シードの甲府工が、合同チームの甲陵・北杜との開幕戦に6回コールドで大勝した。

 9―1の6回無死二塁で、3番・白井風我(ふうが)遊撃手(2年)が左翼へコールド勝ちを決める“サヨナラ”2ラン。高校通算4発目、公式戦初本塁打が今大会1号となり「1本目を打ててすごくうれしい」と笑顔を見せた。

 今夏もレギュラーで1番を務めたが、甲府商との3回戦で2―0の9回に3点を奪われ逆転サヨナラ負け。白井も5打数無安打に終わり「活躍できなかった。3年生は今も練習に来てくれるし、恩返ししたい」と新チームでの飛躍を期した。

 今大会の上位2校は、来春センバツ出場の重要な選考資料となる秋季関東大会(10月19日開幕、群馬)に出場できる。21日の2回戦は笛吹と対戦。白井は「関東大会に行って、センバツに行くことが目標。そのために目の前の敵を倒していく」と、2005年以来15年ぶり6度目となる春の甲子園出場に意欲を見せた。