◆日本ハム6―2オリックス(6日・札幌ドーム)

 日本ハムは投打がかみ合い連敗を8で止めた。連敗中、平均得点2点台の打線が、清宮の6号2ランなどで6得点。先発の杉浦も6回2安打無失点と好投した。

 北海道胆振(いぶり)東部地震からちょうど1年。試合前には復興祈念式典を行い黙とうをささげた。「こうして(球場に)来てくださる人がいるからこそ野球ができている」と清宮。栗山監督は「北海道の皆さんから力をもらって連敗が止まったのかなと思います」と感謝した。