岩手県や宮内庁は6日、秋篠宮ご夫妻がラグビーワールドカップ(W杯)の試合を観戦するため、24~25日に来県すると発表した。秋篠宮さまは、W杯の名誉総裁を昨秋から務めている。ご夫妻は、東日本大震災の関連施設にも足を運ぶ。

 24日は、震災で大きな被害を受けた釜石市鵜住居町を訪れ、「釜石祈りのパーク」で献花する。津波伝承施設「いのちをつなぐ未来館」も視察する。

 25日は大船渡市の商業施設「キャッセン大船渡」などを訪れてから、釜石市の釜石鵜住居復興スタジアムでW杯のフィジー対ウルグアイ戦を観戦する。