「広島-阪神」(6日、マツダスタジアム)

 阪神が、相手のミスに乗じて反撃を開始した。

 五回まで広島先発・九里の前に無得点だったが、六回だ。1死から2番・近本がこの試合2本目となる右前打で出塁すると、2死からマルテが四球を選んで一、二塁と好機を作ると、5番。糸原が詰まりながらもしぶとく左前へ適時打を放って1点をかえした。

 なおも2死一、二塁から6番・高山が放った打球は遊撃後方へ。左翼と遊撃が追いかけたが、遊撃・三好が捕球できず、適時失策で2人の走者が生還して3点差に迫った。