白血病で闘病している競泳女子の池江璃花子選手(19)が6日、日本学生選手権が行われている東京辰巳国際水泳場を訪れ、所属する日大の仲間らに声援を送った。今年2月に白血病であることを公表して以来、公の場に現れるのは初めて。

 池江選手は今春、日大に進学。この日は、他の水泳部員と同じTシャツに身を包み、口にはマスクを着用して、プールサイドから応援した。マネジメント会社によると、一時退院を利用して駆けつけたという。

 高校、大学の1年先輩で、池江選手とともにリオデジャネイロ五輪に出場した長谷川涼香選手(19)は「練習はつらいが、璃花子の病気の方が何倍もつらいと思う。応援に来てくれてうれしい」と話した。