日本バスケットボール協会は6日、中国で開催中のワールドカップに出場しているNBAウィザーズの八村塁(21)が残り試合を欠場すると発表した。1次リーグで最下位になった日本は順位決定リーグで7日にニュージーランド、9日にモンテネグロと対戦することになっている。

 同協会によると、八村はひざの不調と疲労を抱えており、NBAの開幕に向けた所属先のトレーニングキャンプに備えて休養を取ることが最善と判断したという。八村は同協会を通じて「とても難しい決断でした。引き続き、自分や日本チームを応援してくださるよう、お願いします」とのコメントを発表した。

 日本選手として初めてNBAチームからドラフト1巡目指名を受けた八村は、今大会の1次リーグ全3試合に出場。初戦だった1日のトルコ戦直前には発熱が伝えられていた。