広島は6日、永川勝浩投手(38)が今季限りで現役を引退するとの申し出があり、それを了承したと発表した。

 広島県三次市出身の永川は新庄高、亜大を経て2002年ドラフト自由枠で広島入団。通算526試合に登板し、38勝42敗、防御率3・47。守護神として、165セーブ、79ホールドを積み重ねた。

 今季は2軍戦18試合で0勝3敗1セーブ、防御率6・19。1軍登板はなかった。

 9月23日に会見と引退セレモニー(中日戦)が行われる予定。