バスケットボール男子のワールドカップ(W杯)第4日は3日、中国各地で試合があり、1次リーグE組の日本(世界ランキング48位)は上海でチェコ(同24位)に76―89で敗れ、2連敗。E組のもう1試合は、米国(同1位)が延長戦の末、トルコ(同17位)を93―92で破って2連勝を飾った。この結果、日本は1次リーグ敗退が決まり、順位決定リーグにまわることになった。日本は5日、米国との1次リーグ最終戦に臨む。