試合の出だしから完敗だった。

 FIBAワールドカップのグループラウンド初戦のトルコ戦で、日本は試合開始早々から、トルコにレイアップやダンクでの得点を許してしまった。ゾーン・ディフェンス相手に3Pシュートも決められた。

 ディフェンス以上に問題だったのがオフェンスだった。

 トルコから「間違いなく日本のキープレイヤー」(ジェディ・オスマン/クリーブランド・キャバリアーズ)と警戒されていた八村塁は、徹底マークされ、何もできなかった。タイミングが悪いことに、2日前から発熱で練習に十分に参加できていなかったことも影響があったかもしれない。

 それ以上に、サイズも経験もあるアーサン・イリヤソバ(ミルウォーキー・バックス)に徹底マークされ、思うようにポジションを取ることもできなかった。ようやくパスが入っても、ダブルチーム、トリプルチームで固められ、シュートを打つにも苦労していた。シュートミスやターンオーバーは、相手の速攻につながり、ディフェンス崩壊につながった。

点差以上に痛感した世界との差。

 前日に、トルコが自分を止めに来ると言っていることについて聞かれた八村は、「僕を止めても他に4人いるから関係ない。僕らのバスケをするだけ」と言っていたのだが、その『自分たちのバスケットボール』をまったくさせてもらえなかった。結局、第1Qで12−28と大きく差をつけられ、第2Qには互角に戦えたものの、第3Qでまた引き離された。終わってみれば67−86、点差以上の完敗だった。

「試合が始まったときから最後まで、試合をコントロールされてしまった」と、日本代表ヘッドコーチのフリオ・ラマスも言う。

 策がなかったわけではない。しかし、頭でわかっていても、実際にコートで実行できるかどうかはまた別だ。試合後に、選手たちも口々に、フィジカルの強さの差と世界大会での経験の差を痛感したと語っていた。

「チームとしても初めてのワールドカップということで臨み、世界の強さっていうものも感じましたし、その中でも、僕らも全然100%で試合できていなかった」と八村は反省する。さらに、相手の自分に対するディフェンスについても、「スカウティングをしっかりしてきて、僕のやりにくいプレーをして、僕らに対応してきた。僕らはそこにちゃんと対応できなかった」と、対応力の差を感じたようだった。

米国ですら警戒する欧州勢のフィジカル。

 アメリカでフィジカルの強い選手相手にプレーすることには慣れているはずの八村だが、それでも世界大会でのヨーロッパのチームの強さはまた一段上だった。最近では、審判の笛やルールの違いから、NBAやNCAAよりヨーロッパのほうがフィジカルな試合をしているため、アメリカ代表ですら、FIBAの大会でのフィジカルの強さを警戒するほどなのだ。

 同じくアメリカで戦う渡邊雄太も、「フィジカルなディフェンスをしてくるだろうということも、ディナイ(ボールを入れさせないディフェンス)をしてくるというのもわかっていました。それに対して準備ができていると思ったのですが、彼らのほうがフィジカルなプレーをしてきた」と、頭ではわかっていたことでも、それに対応できなかったと語った。

 大会前の強化試合でニュージーランドやドイツに勝ち、強豪アルゼンチン相手に競ったことで、自分たちがベストを出せばトルコにも勝てると自信をつけていた日本だったが、その幻想を初戦から打ちくだかれ、現実を目の前に突き付けられた。

 もっとも、これまではその現実を知ることもできなかったのだから、それだけでも一歩前進なのかもしれない。渡邊も「いい経験になった。ここから学ばなくてはいけない」と前を向いた。

ラマスHCの視線の先。

 初戦に完敗したことで、2次ラウンド進出への道はかなり厳しくなったが、厳しい挑戦だということは大会前からわかっていたことだ。選手たちが2次ラウンド進出を目標に掲げていたなか、ラマスHCは最初から「ヨーロッパのチームから1勝あげること」という目標を掲げていた。次のチェコ戦に勝てば、その目標は達成できる。

「経験の差はもちろんあると思う。ただ、それですましていい場所じゃないと思う」というのはベテランの竹内譲次。「(対トルコの)試合を落としたことは痛いんですけれど、僕たちにとってどんな試合でも経験になりますし、ワールドカップを経て、オリンピックまで続いている」と、大会後のことまで見据えた。

 ラマスHCの視線は、オリンピックだけでなく、さらに先まで見つめていた。

 かつてアルゼンチン代表ヘッドコーチとして世界を戦い、世界の強さを熟知しているだけに、世界は一朝一夕で追いつけるものではないことをわかっていた。世界で戦えるようになるためには、世界の中で戦う経験を積み重ねるしかないのだ。今大会で世界の強さを体感し、来年の東京オリンピックを経て、そしてさらにその先で世界と戦えるチームに成長すること。それこそが、ラマスHCが目指していることだった。

共同キャプテンに任命された渡邊。

 それを象徴することがあった。

 ラマスHCは、大会を前に、これまで代表キャプテンを務めてきた篠山竜青に加え、渡邊を共同キャプテンに任命していた。渡邊はA代表での経験は少なく、本番の試合は2018年9月のワールドカップ予選ウィンドウ4の2試合を戦っただけだったが、それでも今の日本代表にとってキャプテンにふさわしい存在なのだという。

 そこにはラマス流の考えがあった。

「私たちは(東京)オリンピック後にワールドカップの出場権を取るという新しい目標もある。そのためには『挑む』ということがとても大事だと思っています。自分たちよりもずっと長いバスケットボールの歴史を持ったチームにチャレンジしなくてはいけなくなります。

 彼と塁(八村)は、彼ら自身がアメリカに渡り、NBAでプレーすることで歴史にチャレンジしてきました。それはとても大事なこと。彼らは若いですが、彼らは日本のバスケットボールのチャレンジを前に進めることができる選手たちです」

 現日本代表が本気の世界に挑んだ最初の戦い、トルコ戦は、確かに完敗だった。しかし長い目で見たとき、これはスタート地点にすぎない。日本のチャレンジはまだ始まったばかりだ。

(「日々是バスケ」宮地陽子 = 文)