「バスケットボールW杯・1次リーグ、日本67-86トルコ」(1日、上海)

 E組で世界ランキング48位の日本は初戦で同17位のトルコに67-86で敗れた。日本は序盤からリードを許す苦しい展開。発熱で午前の練習を回避した八村塁(21)=ウィザーズ=は先発し、チーム最多タイの15点を挙げて食い下がったが、及ばなかった。13年ぶりに出場の日本は3日に世界24位のチェコ、5日に同1位で3連覇がかかる米国に挑む。

 夢と希望を抱いて迎えた初戦トルコ戦。世界はそう甘くないと突きつけられた40分間だった。開始早々ミスが重なり0-6。前半だけでターンオーバーは10を数えた。第2Q終盤にエース八村が相手のボールを奪い、そのまま左手でダンクシュートをかましたが、見せ場は一瞬。終始相手にペースを握られた。

 八村は「初めてのW杯で世界の強さを感じた」と険しい表情。渡辺雄太(グリズリーズ)も「日本らしさが出せず、悔しい負け方。相手の方が落ち着いて、いい入り方ができていた」と悔やんだ。

 大会前にフリオ・ラマスHCが「完成度が高く、ディフェンスでもリバウンドでも強みがある。オフェンスではインサイドも外からのシュートもある。完璧なゲーム内容をこなさないと勝てない」と分析していた強敵。3人のNBA選手を擁する相手に高さで屈し、外からのシュートもズバズバと決められた。頼みの綱の八村も、試合前に発熱するなど万全ではなく、相手の徹底したマークを克服できなかった。

 アジア予選を勝ち上がり、自力で世界選手権出場を決めたのは21年ぶり。エース八村が日本人初のNBAドラフト1巡目指名となるなど、バスケットボール界がかつてない盛り上がりを見せる中“未知の世界”に挑み、壁の高さを痛感した。

 「100%のできじゃなかった。すぐ切り替えて、直せるところは直したい」と八村。3日のチェコ戦へ残された時間は少ないが、前を向いて戦うしかない。