ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に出場する南アフリカ代表が1日、岐阜県関市で練習を公開した。大会に参加する海外勢19チームで最も早い日本での始動になった。

 6日に日本とのテストマッチ(埼玉・熊谷)を控え、前日に来日したばかりの南ア。チームの連係の確認など1時間半ほど体を動かした。主将のFWコリシは「日本は油断できないチーム。ベストを尽くして戦いたい」と語った。

 W杯では開幕翌日の21日に宿敵ニュージーランド(NZ)とぶつかる。日本戦は、4年前に歴史的な黒星を喫した日本への雪辱を期す場か。それとも本番に向けた準備を優先するか。エラスムス・ヘッドコーチは「どちらも、だ。我々はどんな試合も勝ちに行く」と笑顔で話した。