山口県下関市のボートレース下関で、レースを行う競走水面と外海を仕切る護岸の一部が崩落し、8月29日~9月4日に予定されていたレースが中止となった。国土交通省九州地方整備局(九地整)が崩落の原因を調べる。

 市ボートレース企業局と九地整下関港湾事務所によると、護岸は長さ約100メートルで、うち30メートルほどが崩れた。競走水面の海水が外海に流れて水面が下がり、発走ピットも壊れたという。企業局は次節の9月14日からの再開をめざしている。

 九地整は、高潮対策の一環で護岸近くの川に水門を新設するのに向け、8月22日から護岸沿いに積まれた石を撤去する作業をしていた。29日午後1時ごろ、現場の作業員が護岸の崩落に気付いたという。原因を調べるため、近く学識経験者らでつくる第三者委員会を設置するとしている。(山田菜の花)