プロボクシングの元世界王者で、アマチュアに転向して東京五輪をめざしていた高山勝成(36)=名古屋産大=が31日、岐阜県笠松町であった全日本選手権東海地区選考会で敗れ、五輪代表の可能性が消滅した。選手としては「これで一区切り」とし、現役引退の意向を示した。

 高山はフライ級(52キロ以下)1回戦で宇津輝(ひかる)(21)=日大=に0―3で判定負けした。サウスポーの相手に打ち終わりを狙われ、2回途中まで左のクリーンヒットを浴び続けた。ボディー打ちで反撃したが「(長丁場の)プロとは違い、アマは3分3ラウンド。巻き返すのは難しかった」。ジャッジ3者とも1点差の判定については「納得しています」と話した。

 高山は2017年春にアマ転向を表明したが、山根明・前会長時代の日本ボクシング連盟に選手登録を拒まれた。それが昨年9月に新体制が発足して方針が変わり、五輪への道が開けた。今後は在学中の大学で教員をめざす。