日本サッカー協会(JFA)は30日、9月に北中米に遠征し、メキシコ、アメリカ代表と対戦するU―22(22歳以下)日本代表のメンバーを発表し、J2の水戸ホーリーホックから、FW小川航基選手(22)が選出された。小川選手は「素直にうれしかった。出た試合では得点し、勝利したい」と話した。

 今年7月、J1のジュビロ磐田から育成型期限付き移籍で加入した。186センチの身長と精度の高いシュート力を武器に、これまで7試合に出場して4得点を挙げている。小川選手はA代表に関しても触れ「同世代からA代表に選ばれている選手もいるので、早く自分もいかなければ」と表情を引き締めた。