陸上の男子短距離で五輪3大会で八つの金メダルを獲得し、2017年に引退したウサイン・ボルトさん(ジャマイカ)が、東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場の完成記念イベント(12月21日)で「走り初め」を行う。27日、事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)が発表した。

 ボルトさんが誰とどんなレースをするかは、10月中旬ごろに発表する予定。JSCによると、「これまでにない新しい形のレースになる」という。