スイスのバーゼルで開かれていたバドミントン世界選手権の女子ダブルスで、日本勢初の2連覇を果たした永原和可那選手(23)と松本麻佑選手(24)の「ナガマツ」ペア。所属先の北都銀行は26日、2人の喜びのコメントを発表した。

 永原選手は「去年は一試合ずつ全力で、という中での優勝だったので夢のような感じだったが、今年は初めから優勝目指しての優勝ができたので、去年とは違ううれしさがある」とコメント。北都銀行の先輩である米元小春選手(28)の準々決勝での負傷にもふれ、「残りの試合で先輩方の分まで頑張りたいと思って戦った。今回の優勝は自分たちのものだけではなく、先輩の気持ちとともに優勝できたのかなと思う」。

 松本選手は「今大会は全体的にレシーブが安定してできていたので、うまく攻撃の展開に持っていくことができた。最後は気持ちで押し切って、優勝へつなげることができた」と結果を総括。「ここにとどまることなく、常に高みを目指して成長していけるように頑張ります」と意気込んだ。