今年10月にスコットランドで開催される世界ミックスカーリング選手権大会の日本代表チームを決める選考会が22日、青森市合浦の「みちぎんドリームスタジアム」で始まった。

 選考会には全国5ブロックから計15チームが出場。男女2人ずつの計4人でチームを組んで戦う。開会式では日本カーリング協会の石田順一理事が「のびのびとプレーしてほしい。グッドカーリング」とあいさつ。開会式後には予選リーグが始まり、ストーンがぶつかり合う音や選手のかけ声で会場は熱気に包まれた。

 青森県からは「青森」と「青森県庁」の2チームが出場。青森県庁の中村義人選手(52)は「日々の勤務が終わってから練習を重ねてきた。青森では一番練習してきたと思う」と自信をのぞかせた。

 決勝トーナメントは24、25日に行われる予定。優勝チームは10月12~19日にかけてスコットランドで開催される世界ミックスカーリング選手権大会へ出場する。(河野光汰)