東京五輪での競技生活の大団円に向けて、野口啓代(あきよ)が最大の難関を通過した。

 クライミング世界選手権は8月20日に女子コンバインド決勝が行なわれ、ヤーニャ・ガンブレット(スロベニア)が2連覇を達成。日本代表は野口がスピード7位、ボルダー1位、リード3位で総合2位となって、「日本代表のなかで世界選手権のコンバインド7位以内になった最上位選手」という条件をクリアし、東京五輪の日本代表に内定した。



東京五輪代表の内定を決めて涙を浮かべる野口啓代

「夢みたいで信じられない」という結果を手繰り寄せたのは、得意種目のボルダリングだった。

 コンバインド決勝の1番目のスピードは7位と出遅れたものの、続くボルダリングは「びっくりするくらい落ち着けていた」状態で臨み、全3課題を2完登してボルダリング1位を獲得。最終種目のリードでも完登目前まで登った。

「私はもともとスピードの順位勝負じゃなかったので、タイム順で6位だったのが7位になっても、ダメージは受けなくて……。それよりは、ボルダーで1位を取りたいと考えていました。朝から不安しかなくて、いい精神状態じゃなかったんですけど、ボルダリングになった瞬間にすごく集中できて。意識してというより、勝手にボルダーの時にいい状態になっていました」

 プレッシャーのかかる大舞台の、ミスの許されない局面で実力をいかんなく発揮する--。これこそが、30歳になっても第一線に君臨している野口の”すごみ”だろう。

 決勝5位の野中生萌(みほう)は「あらためて啓代ちゃんのすごい粘り強さを間近に見せつけられた」と讃えれば、同6位の森秋彩(もり・あい)は「野口さんは疲れていても、気持ちがすごく強くて結果を出す」点に野口との大きな差を感じると明かす。背中を追う後進に、そう感じさせる根底にあるもの……それは、野口の次の言葉に詰まっている。

「ずっと『オリンピックが最後』と、自分にプレッシャーをかけ続けてきました。ボルダリング、リード、スピード。全部の種目でしっかりとトレーニングをし、努力してきた。ひとつがダメだとしても、まだふたつ残っていると思っていました。今日の試合中に何かがあったわけではなくて、これまで積み上げてきた自信がありました」

「あと1年間、クライミングができることがうれしい」と喜ぶ野口は、来夏の現役最後の一戦に向けて、ここから得意種目のさらなる進化と、苦手種目の強化に汗を流していく。

 男女それぞれ20選手で争われる東京五輪に出場できるのは、各国最大で男女各2名。この大会で野口や優勝したガンブレットのほかに、東京五輪の切符を手にしたのは、3位ショウナ・コクシー(イギリス)、4位アレクサンドル・ミロスラフ(ポーランド)、8位ペトラ・クリングラー(スイス)、9位ブルック・ラバトゥ(アメリカ)、10位ジェシカ・ピルツ(オーストリア)。残る枠は「13」。

 そして、日本代表の座は「残り1枠」ある。11月末の五輪予選(フランス・トゥールーズ)や、来年4月~5月のアジア選手権(岩手・盛岡)で日本代表としての五輪出場資格を得る選手が現れれば、来年5月中旬のコンバインド・ジャパンカップ(場所未定)での決定戦で決まる。だが、現れなければ、世界選手権で日本代表2番手の成績を収めた野中の手に渡ることになる。

 野中は昨年の世界選手権で右肩を故障し、手術をすると今大会に間に合わないため、温存療法を選択。今年3月には左肩も痛めた。故障と背中合わせの状態で迎えた世界選手権は、最初の種目のボルダリングで再び肩を痛めたのが響いた。コンバインド決勝ではスピード4位×ボルダリング4位×リード5位と不発に終わったものの、すでに先を見据えている。

「コンバインド決勝の舞台は、緊張感から脈がハンパなくて。スピードはミスが多くて『やらかした』と思いましたけど、『まだチャンスがある』と切り替えて、ボルダーの1課題ずつしっかりと臨んでいました。痛み止めを飲んで決勝に出たので、その反動が(今後)どう出るかが不安ですけど、2位になったことで、五輪予選などを戦わずに来年のコンバインド・ジャパンカップまで時間ができた。肩を手術する時間はないので付き合っていくしかないんですが、しっかり治して、前向きにイチから出直します」

 ほかの選手たちも、東京五輪をあきらめたわけではない。コンバインド決勝の最終種目のリードで完登しながらも、タイム差でリード2位となった森は、スピード8位×ボルダリング5位×リード2位となった結果に、「世界選手権が始まる前よりも、オリンピックに出たい気持ちが強まった」と意欲を燃やしている。

「リードで完登できたのはうれしいですけど、日本代表のなかで2番手までに入りたかったので、悔しい気持ちでいっぱいです。今回は得意なリードでいい成績をとってコンバインドに活かす作戦だったんですけど、それだと通用しないとわかったので、今後はボルダーとスピードにも力を入れて総合的な強さを上げていけたらと思います」

 伊藤ふたばは今大会7位ながらも、「最後まで笑顔で楽しんでやることができた」と、悔しい結果のなかにも収穫を見出している。これまで舞台が大きくなるほど、結果を気にするあまりに空回りするケースが目立ったが、持ち味の伸び伸びとしたクライミングを取り戻すきっかけを手にしたことで、大きな飛躍を遂げる可能性はある。

 次に東京五輪を狙う選手が挑むのは、11月末からフランスで開催される五輪予選。今シーズンのW杯コンバインド・ランクで20位以内の選手が出場でき、現時点の日本代表では森が6位、伊藤が14位につけて出場資格を手にしている。

 さらには、来年のアジア選手権で優勝すれば、最後の1枠への道は切り開かれる。出場への詳細はまだ発表になっていないものの、すべての選手にチャンスは残されていると言っていい。東京五輪をめぐる熾烈な争いは、まだまだ続いていく。