「スポーツクライミング・世界選手権」(21日、エスフォルタアリーナ八王子)

 東京五輪と同形式の3種目による複合の男子決勝が行われ、ボルダリング王者の楢崎智亜(23)=TEAM au=が複合では日本人初となる金メダルを獲得。日本連盟が定めた基準を満たし、来年の東京五輪代表に内定した。スピードでは自身の日本記録を更新する6秒159をマークし2位、ボルダリングでは唯一の3課題全完登で1位、リードも2位にまとめ、他を圧倒した。原田海(20)=日新火災=が日本人2番手の4位、楢崎明智(20)=TEAM au=が5位、藤井快(26)=TEAM au=が6位だった。

 圧倒的なパフォーマンスで“ウォールキング”の称号と、五輪切符を勝ち取った楢崎智は「正直、こんなにうまくいくとは…。ビックリしてる」と笑いつつ「ほとんど緊張はしなかった。朝起きた時からいけるんじゃないかと思っていた。優勝しようと思ってきたので、ホッとしてる」と、満足げにうなずいた。

 ハイライトとなったのは、第2種目の得意のボルダリングだ。最初の課題を他の選手がまったく攻略できない中、楢崎智は難攻不落の中盤でしっかりとバランスを取り体を支えて、あっさりとゴールのホールドをつかんだ。“一撃”と呼ばれる一発クリアで、一気に勝負の流れもつかみ取った。第2課題も他の選手が攻略できない中で、2回の挑戦で完登。唯一の全完登で金メダルを手繰り寄せた。

 最終種目のリードを迎えた段階で、弟の明智が日本人2番手で、メダルを狙える位置だったが、中盤で落下し、日本人3番手に転落。ただ、弟のポテンシャルを十分に感じ取ったようで「(明智も)五輪は全然ある。僕が先に決まったので、僕が明智を鍛え上げる。一緒に五輪に行きたい。待ってるぞという感じです」と、力を込めた。