ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の出場をめざす、福岡県古賀市出身の福岡堅樹(けんき)選手(26)を応援しようと、出身校の青柳小1~4年生44人が20日、応援の寄せ書きをした。

 5歳からラグビーを始めた福岡選手は、同小から古賀東中、福岡高、筑波大へ進学。現在、トップリーグのパナソニックに所属し、ポジションはウィング。俊足でトライを狙う。

 父親と福岡選手が仲良しで、幼稚園からラグビーをしているという、2年生の小金丸蓮太君は「けんきくん ラグビーワールドカップゆうしょうしてください」と書いた。寄せ書きの作成を見守った、住宅設備業柴田誠さん(51)=同市=は福岡選手が中学時代、駅伝で走ったのを覚えている。「(駅伝は)速くはなかったが、短距離は速かった。その速さは小学生の頃から知られていた」と語った。