20日、IFSCクライミング世界選手権2019八王子(エスフォルタアリーナ八王子)はコンバインド女子決勝を行い、2位に入って日本人最上位となった野口啓代が東京2020オリンピック日本代表に内定した。

 日本から野口、森秋彩、伊藤ふたば、野中生萌が進出した決勝。第1種目のスピードでは、初戦で野口と野中が激突。緊張した面持ちで登場していた野口は、ほぼ互角の戦いとなったレース終盤のランジパートで足をスリップさせてしまい野中に勝ち抜けを許してしまう。森、伊藤も初戦に敗れ、伊藤は敗者によるトーナメントを無敗で5位、野口7位、森8位となり、野中は勝者によるトーナメントで2敗を喫して4位スタートとなった。

野中との日本人対決に敗れるなど、7位スタートとなった野口。

 続くボルダリングは、上位を取るしかない野口が第1課題で底力を発揮。パワーとテクニックを駆使し、会心の一撃を決める。さらに第2課題は2トライで沈め、第1課題を登った森とショウナ・コクシー(イギリス)がゴール前で力尽きたために1完登差の首位に。第3課題を登りきればこの種目1位が決まる展開に持ち込んだ。

 最終関門は、横移動した先のゾーンを掴めるかが肝の緩傾斜課題。完登したい野口だったが、バランス取りに大苦戦。ゾーンまでたどり着けず順位は後続の結果次第となった。その後、完登で逆転1位のチャンスがあったガンブレット、野中、コクシーいずれもゾーンなし。野口がこの種目1位を獲得し、コクシーと1ポイント差の7ポイントとなって日本人トップの総合2位に浮上した。

第2課題を完登する野口。これが決め手となって総合2位に浮上した。

最終種目のリードでは森秋彩が魅せる。

 最終種目のリードは、先頭で登場したこの種目の銅メダリスト、森が魅せる。持ち前の持久力で高度を上げていくと、ゴール取りのランジも成功。15歳の奮闘に会場から歓声とどよめきが沸き起こった。

 その後伊藤が27、野中が23+に終わり、この時点の暫定順位で野口の日本人1位が確定。7番手で登場した野口は大歓声を後押しにみるみると高度を上げていくと、TOP目前まで到達。ゴール取りで試みたランジは惜しくも掴みきれなかったが、この種目暫定3位につけた。

 最終競技者のコクシーは高度20で終わり、これで総合順位が確定。森の到達時間を上回る完登でリード1位となったガンブレットが優勝し、2位に野口、3位にコクシーが入った。野口は念願だった東京2020オリンピックの代表内定を決め、目には涙を浮かばせた。

 野中は5位、森は6位、伊藤は7位に終わり、7位以内かつ日本人2位の野中は規定によりオリンピック出場に近づく優先出場枠を得た。

今大会での代表内定はならなかったが、オリンピック出場に近づいた野中。

女子表彰台=(左から)野口啓代、ヤンヤ・ガンブレット、ショウナ・コクシー。ガンブレットは世界選手権のコンバインド2連覇を達成した。

<決勝リザルト>

1位:ヤンヤ・ガンブレット(SLO)
 12ポイント(S 6位/B 2位/L 1位)
2位:野口 啓代
 21ポイント(S 7位/B 1位/L 3位)
3位:ショウナ・コクシー(GBR)
 42ポイント(S 2位/B 3位/L 7位)
4位:アレクサンドラ・ミロスラフ(POL)
 64ポイント(S 1位/B 8位/L 8位)
5位:野中 生萌
 80ポイント(S 4位/B 4位/L 5位)
6位:森 秋彩
 80ポイント(S 8位/B 5位/L 2位)
7位:伊藤 ふたば
 120ポイント(S 5位/B 6位/L 4位)
8位:ペトラ・クリングラー(SUI)
 126ポイント(S 3位/B 7位/L 6位)

※上段左から順位、氏名、所属国
※下段左から各種目順位の値を掛け合わせた総合ポイント、各種目順位(S=スピード、B=ボルダリング、L=リード)
※同ポイントの場合、順位が上回った種目数の多い選手が上位。

CREDITS

取材・文

編集部 /

写真

窪田亮