「スポーツクライミング・世界選手権」(19日、エスフォルタアリーナ八王子)

 東京五輪と同形式の3種目による複合の男子予選が行われ、楢崎智亜(23)、明智(20)兄弟=TEAM au=がそれぞれ3位、7位となり、上位8人によって争われる21日の決勝進出を決めた。藤井快(26)=TEAMau=が4位、原田海(20)=日新火災=が5位で、日本勢は計4人が予選を突破。決勝で7位以内の日本人最上位選手は東京五輪代表に内定する。1枚の切符を巡り、兄弟を含めた、し烈な争いが繰り広げられる。

 “本命”はきっちり日本人最上位で決勝に駒を進めた。ボルダリング金メダリストの楢崎智は、スピード4位、ボルダリング4位、リード7位と総合力の高さを見せつけ、総合3位通過。「とりあえず安心した」とホッと一息。スピードでは弟の明智と同組となり、1本目にミスした弟に「大丈夫。いつも通りやればいい」とアドバイス。明智は2本目で自己ベストを叩き出し、予選突破への流れをつかんだ。兄弟での決勝進出に「うれしいですね。決勝で戦いたいと思っていたので」と笑顔。ポテンシャルを秘める弟を「課題によっては結構食い込んでくるんじゃないか」と警戒しつつ「自信はある」とキッパリ宣言した。

 総合7位通過となった弟の明智は「兄弟決勝は僕次第だと思っていたので、めちゃくちゃうれしい」と、満面の笑み。決勝で兄超えの五輪切符への意気込みを問われると「智くんは強いので」と苦笑いし「日本人2位以内を狙っていきたい」と控えめに語った。

 日本勢最年長26歳の藤井はスピードとリードで5位、ボルダリングも7位と総合力の高さを見せ、日本人2番手の総合4位で決勝に駒を進めた。「相当ホッとしました。緊張はしたけど、今日出せる力は出せた」と、納得の表情でうなずいた。決勝では日本人4人で五輪切符1枚を争う。「年齢も1番上だし、人生経験は他の選手よりある。強気にいきたい」と力を込めた。

 18年ボルダリング世界王者の原田は、その得意のボルダリングで日本勢トップの3位となり、総合5位でファイナル行きを決めた。「ホッとしているのが1番」と一息。日本人が4人残った決勝に向けて「4人ぐらいは残ると思っていた。僕自身、決勝だけ気持ちを上げるといつものパフォーマンスができない。いつも通りやることしか考えてない」と、クールに言った。