来年8月25日の東京パラリンピック開幕まであと1年になることから17日、横浜市中区の横浜赤レンガ倉庫で記念イベントがあった。晴天の下、会場にはカップルや家族連れら1万人以上が訪れた。

 「右、左、そこ」。アイマスクをした人がスタッフの指示を受け、球の中にある鈴の音を頼りにゴールを狙う。ブラインドサッカーの体験ブースには人だかりができていた。

 友人と訪れた東京都東村山市の会社員林浩太朗さん(26)も体験。「ゴールの方向もボールの位置も分かりませんでした。ゴールを決めたときも蹴り損なったかと思った。選手たちはすごいですね」と話した。