女子プロゴルフツアーのNEC軽井沢72は16日から3日間、長野・軽井沢72G北C(6705ヤード、パー72)で開催。AIG全英女子オープンでメジャー制覇した渋野日向子(20)=が13日、会場入りした。「清々(すがすが)しい」を「キヨキヨしたい」と言い換える独特の感性を発揮。日本女子プロゴルフ協会(LPGA)は今大会から人気者の証しである名前入りタオルの発売を決定。全英V後初のスポンサー契約を締結するなど、シブコ・フィーバーは続く。

 初めての地でもシブコ節が飛び出した。ツアー本格参戦1年目の渋野は今大会初出場で、会場のある長野・軽井沢町を訪れるのも初。「キヨキヨしたいので、(観光名所の)白糸の滝に行こっかな」。「清々(すがすが)しい」を「キヨキヨ」と表現した。報道陣が戸惑っていると、渋野は読み方を理解している様子で「私はこう読んでいます」と笑顔で説明した。白糸の滝には練習を終えた午後から、リフレッシュのために今週キャディーを務める定由早織さん(27)と出かけたとみられる。

 前週の北海道meijiカップ(9~11日)は13位。12日の夜に北海道から移動し、この日は「芝を見ておこう」と午前8時にコース入り。約3時間、ショットの調整などに費やし、「全英の時ほどキレはまだないけど、体は動けるようになってきた」とうなずいた。自身初の海外試合を戦って、連戦となったmeijiカップの初日夜に38度の高熱を出すなど体調を崩した。「昨日(12日)は(午前)10時まで10時間くらい寝たので、体調はだいぶ良くなった。声だけは、誰やねんってぐらいハスキー過ぎだけどね」と笑い飛ばした。

 全英Vから10日たってもシブコ・フィーバーの風は吹きやまない。LPGAは今大会から名前入りタオルを発売。18年から売り出し、これまではシード上位選手が多かった。株式会社Tポイント・ジャパンとは計8社目となるスポンサー契約を発表。全英V後では初めてだ。

 現在国内ツアー獲得賞金は約7959万円でランク2位。全英で優勝賞金約7200万円を獲得したが、「日本ツアーだけで1億円突破」を目標に掲げる。世界ランク14位で日本人2番手の出場圏内につける20年東京五輪に向けても、盤石な態勢が整った。スマイル・シンデレラは「今週も楽しく回れたらいいな」と軽井沢の地にも笑顔を届ける。(宮下 京香)

 ◆オモシロ渋野語録

 ▼「少し眠い。そう、スリーピーです」 5月8日・国内初優勝したワールドレディスサロンパスカップの練習日にメジャー前の心境を聞かれ。

 ▼「立っちゃった~。やっべ~な」 8月2日の全英女子オープン第2日終了後、一時首位に立ち

 ▼「びっくりして、食べたものが全部出そう」 3日の全英第3日を首位で終えて。

 ▼「タラタラしてんじゃね~よ」 4日の全英優勝会見で、海外メディアにラウンド中、何を食べていたか問われ菓子名を挙げる。

 ◆「キヨキヨしい」 サッカー元日本代表の本田圭佑(33)が18年7月3日のW杯ベルギー戦後のインタビューで、清々しい(すがすがしい)を「キヨキヨしい」と誤読した。ツイッターなどで「読み間違いでは」と指摘されメディアも報じると、本田は自身のツイッターに「お恥ずかしい。漢字が苦手で」などと投稿した。