J2横浜FCのFWカズ(三浦知良、52)とMF中村俊輔(41)が、14日の天皇杯3回戦・横浜戦(三ツ沢)で同時先発することになった。

2人の“共演”は00年6月、日本代表の国際Aマッチ・ジャマイカ戦以来19年ぶりになる。

カズは7月10日の天皇杯2回戦・仙台大戦以来の公式戦出場で、中村が先発するのは2月23日の松本戦以来。カズは「俊輔もそうですけど、経験のある選手が引っ張って勝利につなげて、いい状態にリーグ戦につなげたい」と話した。

古巣との対戦となる中村は「J2にいながらマリノスとできるのは嬉しい。数年前まではこんなこと想像していなかった」としみじみ。今夏に磐田から加入し、横浜FCでの戦術、連係を試行錯誤しながら吸収している。

「カズさんに、いいアシストしたいという余裕もないと思う」と苦笑しながらも、最前線のカズへのパスのイメージは頭にある。「リーグ戦に絡めるようにアピールするだけ」と新天地での初先発に気合いを入れた。【岩田千代巳】