8月18日に、全日本学生テニス選手権大会の女子シングルス準々決勝が岐阜県岐阜メモリアルセンターで開催された。

第20シードの吉田明日香選手(明治大)は、3回戦で第1シードの松田美咲選手(亜細亜大)を破った予選から勝ち上がりの阿部宏美選手(筑波大)を撃破。その余勢をかって準々決勝でもノーシードの伊藤日和選手(同志社大)を6-2、6-4のストレートで退けた。

第4シードの佐藤南帆選手(慶應義塾大)は、第7シードの岩井真優選手(筑波大)を6-3、6-1のストレートで下し、シード対決を制した。

第13シードの村橋舞選手(立教大)は、4回戦まで1セットも落としていなかった第8シードの竹本琴乃選手(明治大)と対決。6-4、6-3のストレート勝ちで、シード順では格上の相手に白星を挙げた。

第2シードの小池颯紀選手(園田学園女子大)は、第9シードの吉田安佐選手(関西学院大)と対戦。小池選手は、準々決勝までの3試合中2試合でフルセットにもつれ込む厳しい戦いが続いていたが、ここでは6-2、6-1と危なげなく勝利して準決勝に駒を進めた。

【女子シングルス準々決勝】
○吉田明日香選手(明治大)VS.伊藤日和選手(同志社大)
○佐藤南帆選手(慶應義塾大)VS.岩井真優選手(筑波大)
竹本琴乃選手(明治大)VS.○村橋舞選手(立教大)
吉田安佐選手(関西学院大)VS.○小池颯紀選手(園田学園女子大)