8月18日に、全日本学生テニス選手権大会の男子シングルス準々決勝が岐阜県岐阜メモリアルセンターで開催された。

第10シードの山尾玲貴選手(関西大)は、昨年準優勝で第1シードの羽澤慎治選手(慶応義塾大)を4回戦で敗る大金星を挙げるなどノーシードから勝ち上がってきた田形諒平選手(筑波大)と対戦。勢いに乗る相手にフルセットまでもつれ込む苦戦を強いられたが、6-1、3-6、7-6(2)とセットカウント2-1で辛勝した。

第5シードの川橋勇太選手(筑波大)は、第3シードの田中優之介(早稲田大)と対決した。上位シード選手同士の対戦は、第1セットを6-2で川橋選手、第2セットを6-2で佐藤選手が取り返し、勝負の行方は最終セットへ。お互いの意地がぶつかり合うファイナルセットは、川橋選手が6-4で取り、川橋選手は嬉しい準決勝進出を決めた。

第7シードの松田龍樹選手(近畿大)は、第4シードの岡垣光祐選手(法政大)と激突。2回戦から3試合連続でストレート勝ちして波に乗る松田選手は、3試合連続でフルセットまでもつれる苦戦を強いられていた岡垣選手相手に、6-1、6-2で勝利し、4戦連続でストレート勝ちを収めた。

第2シードの今村昌倫選手(慶応義塾大)は、第8シードの松本樹選手(近畿大)と対戦。3回戦、4回戦と連続でフルセットまで戦い、準々決勝でも第1セットが7-5までもつれるも、第2セットを6-3で奪取し、勝利した。

【男子シングルス準々決勝】
田形諒平選手(筑波大)VS.○山尾玲貴選手(関西大)
田中優之介選手(早稲田大)VS.○川橋勇太選手(筑波大)
○松田龍樹選手(近畿大)VS.岡垣光祐選手(法政大)
松本樹選手(近畿大)VS.○今村昌倫選手(慶応義塾大)