<フィギュアスケートげんさんサマーカップ>◇12日◇滋賀県立アイスアリーナ◇女子フリー

18年全日本女王の坂本花織(19=シスメックス)が、女スパイになって観客を沸かせた。

ショートプログラム(SP)は6位と出遅れたが、フリーは安定した演技で128・91点を記録し、合計187・53点で2位。新フリー曲は映画「マトリックス」で黒色の長袖衣装を身にまとい、映画の名シーンを再現した。今季シニアデビューの横井ゆは菜(19=中京大)が、合計198・30点で優勝。男子は友野一希(21=同大)が3連覇した。

   ◇   ◇   ◇

アップテンポな曲に合わせて、坂本花織が華麗に滑りきった。冒頭のダブルアクセル、続くフリップとトーループの連続3回転ジャンプを成功。演技中盤には映画「マトリックス」でキアヌ・リーブスが演じるネオの背中を反るポーズを披露し、満員の客席からこの日一番の大歓声を受けた。演技終了後は大粒の汗を流し「氷の上だったけど熱中症になるぐらい暑かった」と実はバテていた様子。反るポーズも「まだ30%ぐらい。100%でやるとこける」と報道陣の笑いを誘った。今季初戦を終えて「もっと体力を上げていきたい」と課題を口にした。