8月11日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天とオリックスのカード2戦目は、8対2で楽天が大勝。ルーキーが大活躍を見せ、北海道日本ハムとゲーム差なしの3位に食い込んだ。

 楽天・石橋良太投手と、オリックス・竹安大知投手の両先発は、3回までともに先制を許さなかった。4回裏、楽天がウィーラー選手と渡邊佳明選手のタイムリーで2点リードするが、6回表、オリックスのロメロ選手が11号2ランを放ち、試合は振り出しに戻る。

 しかし直後の6回裏、昨日の試合で逆転負けを喫している楽天打線が爆発。渡邊佳選手が2打席連続タイムリーを放って勝ち越すと、2四球で走者をためた後、「佳明がしぶとくタイムリーを打ってくれて、田中、堀内もつないでくれたのでそれに続こうと思っていました」と語る茂木栄五郎選手が11号満塁ホームラン。この回一挙5点を加え、試合を決めた。

 8回裏にも、和田恋選手のプロ初ホームランで追加点を挙げた楽天。完全に流れをつかんだ最終回は辛島航投手が締め、8対2で快勝を飾った。

 先発の石橋投手は、6回2失点の好投。「前回の登板から修正するところは修正することができました。また反省するべきところはありますが、野手の皆さんがすぐに逆転してくれたので感謝です」と冷静にコメントした。一方、決勝点を挙げた渡邊佳選手は「石橋さんに勝ちを付けたいと思っていました」と頼もしく語った。

 敗れたオリックスは、竹安投手が5回2失点と試合を作るも、中継ぎ陣が6回のビッグイニングを止められず。連勝が4でストップした。