@DeNA―中日18  中日にサヨナラ勝ちし、声援に応えるDeNA・伊藤裕=横浜【写真提供:共同通信社】


■伊藤裕季也(横浜DeNA)
○5-4vs中日(横浜)
打撃成績/三ゴロ、二ゴロ、左本①、左本②

 横浜DeNAの伊藤裕季也がプロ初本塁打を含む2本塁打の活躍でチームの逆転勝利に貢献した。

 序盤から中日ペースで進んだ試合の流れを変える2発だった。1対3の6回、先頭打者として打席に入った伊藤裕は、レフトスタンドに入るプロ初本塁打で中日先発の小笠原慎之介を降板させた。再び2点ビハインドとなった8回には、無死1塁の場面で中日4番手のロドリゲスから左中間スタンドへ2打席連続となる同点2ランを放ち、試合を振り出しに戻した。

 伊藤裕は「1、2打席目はチャンスで凡退していたので、なんとかしたいと思って打席に入った。入るとは思わなかったが、なんとか入ってくれてよかった」と、記念すべきプロ初本塁打を振り返った。9回には、次打者として乙坂のサヨナラ打を目前で見た。「ネクストで見ていたが、プレッシャーがすごかったので、決めてくれてよかった」と先輩に感謝した。

 立正大からドラフト2位で入団した伊藤裕は、1年目からイースタンリーグで11本塁打を記録している内野手で、左手の故障で離脱した宮﨑敏郎に代わって一軍昇格を果たした。9日の試合では途中出場で2本の二塁打を放ち、ラミレス監督が「明日は本塁打を打つのではないか」と期待して「5番・二塁」でプロ初スタメンとなった試合で大仕事をしてのけた。

 初のお立ち台で「好きな四文字熟語は焼肉定食です」と言って周囲を笑わせた伊藤裕。主力選手の故障が相次ぐチームで、ルーキーが熾烈な首位争いに踏みとどまる活躍を見せた。